• 30歳になったら乳がんチェックを!
  • 当院は妊活・不妊のサポートをしております
  • スギ花粉症の最新治療
  • アレルギー検査 View39のご案内
  • 超音波検査機器
  • WOMAN CARE 大切です!
  • 骨粗鬆症外来を開設しました
  • 肺炎球菌ワクチンのご案内
  • 胃がん予防ABC検査
  • ピロリ菌外来、開設しました
  • 健康サポート
  • メールでのお問合せ
  • 携帯サイト

内科 こまえクリニック

〒201-0014
狛江市東和泉1-31-27

小田急線狛江駅南口城南信金そば

電話:03-5438-2525

メール:hojo@koma-cli.jp


このページをいいと思ったら、「いいね」をクリックしてください
診療時間
月火金
午前9:00〜12:20
午後4:00〜6:50
木   曜
午前9:00〜12:20
午後6:00〜8:50
土   曜
午前9:00〜12:20
日   曜
午前10:00〜12:50
(第2・第4)
休診日
水曜・日曜(第1・3・5)・祝祭日

こまえクリニックの地図

より大きな地図を見る

診療案内

アレルギー検査 View39のご案内

アレルギー検査View 39とは?

スギ花粉症の方で、鼻水、目のかゆみなどが出現するのは、スギ花粉がアレルゲン(アレルギーをおこす物質)となっているからです。

人によって、アトピー性皮膚炎、気管支喘息など、アレルギー疾患は、様々な症状を呈します。

アレルギーの病気を治療をする上で、アレルゲンを特定するため、スギ、ひのきなどの特異的IgE検査は多くの医療機関で行われています。

しかし、アレルゲンは様々で、なおかつ一つと限らないため、数多くのアレルゲンを検査したいというニーズに応えられないという課題がありました。

そこで、こまえクリニックでは、アレルギー「View39」という少量の採血で重要なアレルゲン39項目を同時に測定できる検査を取り入れました。 View39は、日本人がアレルゲンになりやすい39項目をピックアップしてあり、一度の採血で済みます。

View39により、自分のアレルゲンを知っておくことで、予防、治療戦略を効果的に立てることもできます。

お子様でも可能な検査です

必要な採血量は少量のため、お子様でも多項目の検査が可能となります。

39の検査項目にはハウスダストによるアレルゲンの原因物質として認知度が高まっている屋内アレルゲンの昆虫(ガやゴキブリ)や、アトピー性皮膚炎の悪化因子とされているマラセチアが含まれています。

食物アレルゲンでは生卵が陽性で摂取ができなくても、加熱卵なら食べることができる可能性の確認ができるオボムコイドが含まれています。

また、患者数が増加傾向にある口腔アレルギー症候群の代表的な食物であるキウイやリンゴ、さらに原因アレルゲンとして判別しにくいサバやゴマなど、発症頻度の高い検査項目が特徴です。

調べられるアレルゲン

食餌性アレルゲン

卵白、オボムコイド、ミルク、小麦、ピーナッツ、大豆、ソバ、ゴマ、米 、エビ、カニ、キウイ、リンゴ、バナナ、マグロ、サケ、サバ、牛肉、鶏肉、豚肉

吸入系アレルゲン

ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト、ネコ皮屑、ガ、ゴキブリ、スギ、ヒノキ、ハンノキ(属)、シラカンバ(属)、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、アルテルナリア、アスペルギルス、カンジダ、マラセチア(属)、オオアワガエリ

その他:ラテックス

検査費用は?

View39検査は、健康保険適応でおこなうことができます。3割自己負担の方で検査費用は、4,800円です。スギ花粉など1項目だけアレルゲン検査した場合、3割自己負担の費用は、810円となります。

 

こまえクリニック
東京都狛江市東和泉 1-31-27
電話:03-5438-2525

 


トップページに戻る