• 30歳になったら乳がんチェックを!
  • 「不妊ルーム」妊活図書室
  • 花粉症の最新治療
  • スギ花粉症舌下免疫療法のご案内
  • アレルギー検査 View39のご案内
  • 超音波検査機器
  • WOMAN CARE 大切です!
  • 骨粗鬆症外来を開設しました
  • 肺炎球菌ワクチンのご案内
  • 胃がん予防ABC検査
  • ピロリ菌外来、開設しました
  • 健康サポート
  • メールでのお問合せ
  • 携帯サイト

内科 こまえクリニック

〒201-0014
狛江市東和泉1-31-27

小田急線狛江駅南口城南信金そば

電話:03-5438-2525

メール:hojo@koma-cli.jp


このページをいいと思ったら、「いいね」をクリックしてください
診療時間
月火金
午前9:00〜12:20
午後4:00〜6:50
木   曜
午前9:00〜12:20
午後6:00〜8:50
土   曜
午前9:00〜12:20
日   曜
午前10:00〜12:50
(第2・第4)
休診日
水曜・日曜(第1・3・5)・祝祭日

地図

より大きな地図を見る

健康サポート

季節の健康トピック

コロナ禍での運動不足にご注意を

新型コロナウイルス感染症は依然として衰えを見せず、東京都、京都府、大阪府、兵庫県には4月25日、3度目となる「緊急事態宣言」が出されました。また、他の7県にも「まん延防止等重点措置」が取られ、飲食店の営業時間短縮などが要請されています。

こうした状況では、感染防止のため自宅に引きこもりがちになり、運動不足が健康状態を悪化させるリスクのあることが指摘されています。自宅で仕事をしている人は、テレワークなどにより座りっぱなしの時間が増えることで、腰痛や肩こりに悩まされたり、心のバランスを崩したりします。

これらを防止するには、少なくとも30分に1回は立ち上がり、身体を動かすようにするとよいでしょう。また、時間を決めてストレッチや体操をしたり、軽いジョギングを取り入れたりすると、より効果的です。

一方、高齢の人の中には、散歩や買い物で外出することが減ったというケースも多いのではないでしょうか。適度な運動は、ロコモティブシンドローム(運動器の障害による移動機能の低下)や認知症の防止にもつながります。無理のない範囲で、片足立ちやスクワット、散歩や体操をするようにしましょう。

新型コロナウイルス感染症との戦いは、まだまだ続くことが予想されます。日常生活に定期的に運動を取り入れることで、終息までの期間を健康なまま乗り切りたいものです。


ページの先頭に戻る


病気と治療の基礎知識

(2021年4月2日更新)
骨粗鬆症

クイズdeヘルスケア

(2021年4月30日更新)
日本で接種が先行する見込みの新型コロナワクチン3種類について、それぞれの特徴を教えてください。

カラダに効く食材

(2021年4月16日更新)
シュンギク◎豊富なβカロチンが免疫力を高める